HOME > ゼロエネ住宅(ZEH)

ZEHへの取り組み ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

国は「エネルギー基本計画」において「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を掲げています。
経済産業省はこの目標に向けて、2016年4月、Nearly ZEHを含むZEHの割合を2020年度までに50%以上とする目標を掲げる事業者を登録する「ZEHビルダー登録制度」を開始しました。

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げ、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

当社では、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を設定いたしましたので公表いたします。

ZEH目標公表資料

ZEH目標受託率

ZEH目標受託率のグラフ

具体的なZEH普及策

1.ZEHの周知・普及に向けた具体策

エンドユーザーに対して、弊社がZEHビルダー登録事業者であることをホームページで公開し広く周知していきます。
エンドユーザーに対して、ZEHの性能とその良さを分かりやすく伝えていきます。
エンドユーザーに対して、ZEHの工事現場を積極的に公開し、理解を深める機会をつくっていきます。

2.ZEHのコストダウンに向けた具体策

高性能化実現のための外皮計算、一時消費エネルギー量計算を社内で行っていきます。
高性能化実現のための各種工程を出来る限り自社大工で施工していきます。
高性能化実現のための技術を研究し、標準仕様にしていきます。
高額な設備に頼ること無く、パッシブな省エネ技術を研究し、採用していきます。

3.その他の取り組みなど

太陽熱の利用、地熱の利用など身近な再生可能エネルギーの利用ができるように研究していきます。
積極的に自然素材を使用し、快適で健康な家づくりをしていきます。
これからも積極的に木材の地産地消に取り組み、地場の山の循環に貢献していきます。

ZEH実績報告

平成28年度の実績 0棟